バイトの店長が店の金を盗んで夜逃げしたケース、すぐ警察に届け出を

当時、私は花屋さんでバイトしていました。50代ぐらいのマダムが店長でした。店長と言っても雇われ店長で、店のオーナーは別の人でした。パートさんから聞いた話ですが、店長がばろいアパートに住んでいると。びっくりしました。財布やバックはブランドものだし、服もいっぱい持っていました。店長の旦那さんが早期退職金で始めた車のお店が倒産して、家は競売にかけられ、財産は根こそぎなくなり、借金だけ残ったそうです。ブランドバッグとかは裕福な時に買ったものらしいです。人って見かけによらないんだなと思いました。ある日、花屋さんに金融屋と思われる人から電話がかかってきたり、変なことが起こるようになりました。具体的に言うとレジの精算の時、金額が合わないのです。

おかしいなあと思って店長に言うと「じゃあ、私がやるわ」と。お金に困ってレジのお金抜いていたようです。私が気が付いたときは5000円ぐらいでしたが。バイト始めて4ヶ月ぐらいしたときでしょうか、3時に店の前にいったらシャッターが閉まっているのです。おかしいと思いました。お店に誰もいません。家に帰って、次の日、またバイトに行くと、パートさんが店にいました。「大変なことになっちゃったの」とパートさん。店長が売り上げ盗んで失踪したと。アパートももぬけの殻。

金融業者にも借金していたみたいで、借金で首が回らなくなり、夫とペット連れて夜逃げしたそうです。店の売り上げと言っても1日で多い時で9万ぐらいでした。でもちょくちょくレジから盗んでいたお金合わせるといくらぐらいになるのでしょう。倒産と消費者金融は怖いと思った出来事でした。